次回家を選ぶときは気をつけたいところはトイレ風呂が別々

私が引っ越したのは新しい職場に転職したことがきっかけです。

転職先の近くの家を探している時に不動産屋に紹介してもらったのがこの家です。
給料が安いということで家賃が一番気になりました。

絶対に家賃は6万円以下でと指定して探したのです。

そしたら紹介してもらったのがこの家でした。
部屋の中の雰囲気もよくて何よりも新築のようでした。
これには魅力を感じずにはいられませんでした。

家賃は希望を叶えてもらって5万ちょっとで手を打ってもらいました。
部屋の広さは23㎡の1Kです。
この地域は住みやすいと聞いたのですごく安心していました。

転職先の近くと言うことでこの地域に住むことを決めたけど、
周りが治安も気になっていたのでほっとしたんです。

新築なので内装がキレイで落ち着きました。

本当に良い家に住めるなと大きな期待をしていたんです。

しかし住んで見るとやっぱり少々問題はありましたね。
問題の一つがトイレとお風呂がくっついていることです。
仕切りはありますが完全にトイレの向こうにお風呂がある作りになっていて、
すごく汚く感じました。

住む前は安いしこれくらい目をつぶろうと思っていたのだけど、でもやっぱり気になりました。

これが大分気になっていました。
友人を泊まらせるにも少々狭い家で彼氏ができたらどうするんだろうとも思いました。
こういうことは住んでみて初めて住みずらさを感じました。
人を連れて来なければ問題ない広さなんですけどね。

次回の家選びで気を付けたいと思った一番は絶対にトイレとお風呂が別の家を探すことですね。
ここが最も問題で汚く感じたので、この点は気を付けたいと思いました。
それから次に家を選ぶときはもう少し家賃が高くてもいいので広い家を選びたいと思いました。
そうじゃないと人を呼んだときに居心地が悪いですからね。
これらのことに気をつけて家選びをしたいと思います。
家に住んで見て初めて気づくことって色々とあるんだなと勉強になりました。

Reply